がん終末期を自宅で過ごすか病院で過ごすか迷っている方へ

宮崎市郡医師会病院緩和ケア病棟にて 医療連携室野崎さんと

「当院では緩和ケア病棟と連携して患者様の終末期の生活を支えます」

がん終末期になると体力が低下し、徐々に身の回りのことができなくなって介護が必要になります。

病状の進行に伴い介護する方の負担は重くなり、不安なことも増えてきて生活の場で悩む方も多いでしょう。

当院は在宅医療でがん患者様のご自宅での療養を支えていきますが、その中で「やっぱり入院したい」というご希望があれば緩和ケア病棟など入院先を案内することも可能です。

一時的な入院を繰り返しながら在宅で看取りを希望される方、病院での看取りを希望される方、様々な要望に対応させていただいております。

悩んでいる方は、当院まで問い合わせください。

 

写真:宮崎市郡医師会病院緩和ケア病棟にて 医療連携室野崎さんと

 

お問い合わせ






ひなた在宅クリニック

〒880-0002 宮崎市中央通3-51-2F

Tel: 0985-78-3066 / Fax: 0985-78-3067

Email: clinic@kiyoyama.jp

訪問診療 平日 午前9時〜午後5時