宮崎県議会議員 清山知憲(きよやまとものり)公式WEBサイト

ブログ

県庁は人事モードに

2017年3月17日 | 日記

2月の常任委員会の日程を全て終え、来週水曜の閉会を待つのみとなりました。

昨日は委員会所管の県土整備部、商工観光労働部と委員会メンバーで懇親会、そして今日は自民党会派と知事はじめ部長級の県幹部の皆さんとの懇親会でした。

 

昨日は課長級以上の7名の退職者、今日は5名の退職者への花束や記念品贈呈に続き、それぞれ30年以上におよぶ県庁生活を振り返ってのスピーチがあり、とても興味深いです。

県職員の方々は県内全域の異動に加え、さらに福岡、大阪、東京事務所や海外勤務もあったりするのでなかなか激動です。やはり高千穂や小林といった宮崎市から離れた地域への赴任が特に思い出に残るようです。視野も広くなり、宮崎市だけでなく県内全域に目配りをし、県民が等しく福祉や経済発展の恩恵を受けられるように県行政を執り行っていくという気持ちが芽生えていくようです。

 

今日は退職者で引き続き働く意思のある方の再就職先が決まったりする日だったようです。来週は現役の職員の人事も内示がありますが、部長級の異動は地元紙がいち早く情報を掴んで一面で報じるでしょう。

少しそわそわしてくる時期ですが、4月以降の業務に支障をきたさないよう継続性を重視して仕事を片付けていって欲しいと思います。今年度、議論していた内容を4月以降はさっぱり置き去りにされても困りますので…

2月議会が半分まで終わり、副知事案が提出、永山部長は市長選へ

2017年3月11日 | 県政| 県議会

この2月議会では常任委員会でも興味深い説明が色々とされています。

防災拠点庁舎(2019年度完成予定)の実施設計の状況、新宿KONNE館のリニューアル計画(2018年3月完成)、2026年宮崎国体前の50mプール、陸上競技場、県体育館整備計画などなど。

国体3施設は最終候補地に都城、延岡が入っておりますが、ここから指導者、選手、観客の視点で様々な数字を入れ込んでいくと、どうも宮崎市に3施設とも落ち着きそうだという噂が流れております。

 

ところで昨日は県の補正予算案を可決し、知事から正式に2人の副知事案が提出されました。これは議会の同意が必要です。

 

・県農政水産部長の郡司行敏(ゆきとし)氏(60)

・国土交通省道路局路政課長の鎌原宜文(かんばらのりふみ)氏(47)

 

郡司さんは宮崎市出身、九州大大学院修了。

1981(昭和56)年に県庁入りし、農政企画課長、南那珂農林振興局長、農政水産部次長を経て、2015年から現職です。

 

鎌原さんは長野県出身、早稲田大法学部卒業。

1994年に当時の建設省に入省し、外務省在英国日本国大使館1等書記官、国交省土地・建設産業局総務課企画官、同省大臣官房広報課広報企画官などを経て2016年から現職です。

 

慣例としては地元の副知事の方が知事職代行の順位は上に来るのですが、ここに農業の技術職の郡司さんが就くことは誰も予想していませんでした。現時点で議会内で反発の声はなさそうです。

鎌原さんには内田副知事に引き続き県内のインフラ整備の促進をさらに推進していかれることが求められます。2017年度には日南市の北郷−日南間(9km)の高速道路が供用予定、さらに清武南-北郷間(19km)も着々と進んでいます。

ほか、宮崎市内でも広瀬バイパスの完成、宮崎西環状道路の延伸、さらに住吉道路のヒアリングも始まります。

 

総合政策部長の永山英也(59)氏は昨日辞表を提出されたようです。

来年1月の延岡市長選への出馬が確実視されています。

永山さんは延岡市岡富町出身、九州大法学部卒業。

1981(昭和56)年入庁し、総合政策課長、農政水産部畜産・口蹄疫復興対策局長、総合政策部次長(政策推進担当)、商工観光労働部長などを歴任し、昨年4月から現職です。

2017年2月4日、宮崎日日新聞1面より

 

私はちょうど1年前のメールマガジンで↓のように書いてましたが、たまたまというか、予想が的中しました。この時点では具体的に書けませんでしたが。

「県の筆頭部長である総合政策部長には定年まで残り2年を残して永山英也さんが商工観光労働部長から転身することとなりました。慣例では定年まで1年残して就任するのが総合政策部長でしたが、異例の2年間を永山さんが務めるのか、最終年度に意外な人事があるのかは分かりません。」

 

永山さんは知事はじめ県庁内での評価がずば抜けて高く、今回の辞職→出馬の流れも円満に行われおり、県庁内で混乱は起きていません。

一方で串間市長も辞意を表明されたようで、後任が取り沙汰されておりますが、まだはっきりしたことは分かっていません。

質問の舞台裏、病院問題などを解説する報告会を行います

2017年3月8日 | 日記

かなり直前のアナウンスになってしまったんですが、本日夜、そして明後日の夜に地域報告会を行います。

 

トピックとして、先日の一般質問の内容、そして最近話題となっている問題を解説します。

部活動の実態調査、農業生産工程管理(GAP)、若者の県内就職問題、県立宮崎病院の建替え問題、小児の夜間急病センター存続問題、副知事人事、学校保健等

 

 

花山手地域報告会

日時:3月8日(水)午後7時(受付は午後6時半〜)〜8時

場所:花山手自治公民館(タイヨーの向かい)

 

 

小松台・桜ヶ丘地域報告会

日時:3月10日(金)午後7時(受付は午後6時半〜)〜8時

場所:小松台ハイランド集会所(山形屋ストア前)

 

定期的に各地で行っている報告会で、これは選挙がらみの活動でもなく、公的な議会活動であり、れっきとした議員の仕事です。

自民党が嫌いな人でも、選挙権のない子どもや学生でも誰でもウェルカムです。

学生にとっても勉強になり、面白い内容だと思います。

案内は、先月学生のインターン達、そして私も一緒に地域をポスティングして周りました。今日はその学生が司会をしてくれるので、ぜひ近くにお住まいの方はおいでください!

 

 

4月からの副知事案に農政水産部長の郡司さん

2017年3月6日 | 県議会

今議会に知事から提出される予定の副知事案に、現在の農政水産部長の郡司行敏さんが入ることが報道されました。

 

2017年3月6日宮崎日日新聞1面

 

異例の農業技術職と報じられました。

県職員には一般行政職と技術職、資格職などがあります。

宮崎県職員の採用案内ページには、農業の技術職は以下のように紹介されています。

 

 

一般的には事務方である一般行政職員が主要なポストを占めることが多く、とくに副知事のように幅広い役割を担う特別職は一般行政職であることが常識のように考えられていました。

 

郡司さんは農政水産部長に着任した時にも、久しぶりに技術職が部長になったと話題になったものでした。

しかし近年は技術系の職員が部長に就任することも多く、知事が技術系職員を重用していることが分かります。

 

ただ、まさか副知事職を農業技術職の郡司さんが、というのは予想している人は少なかったようで、私も驚きをもって受け止めております。

郡司さんはとても人柄の良い方で、委員会や本会議場でも真剣に議員の発言や質問にうなずいておられる姿が印象的です。仕事に対する熱意も十分に伝わってきます。

 

実はまだ正式に議会へ提案されたわけではなく、私自身も間接的な情報と報道で知りうるのみです。正式に提案されたのちに、議会の同意を経て正式に着任することになります。

現在の稲用副知事は再任されないのか、永山さんは報道にあったようにどこかに行ってしまわれるのか、ほか一般行政職で有力な部長はどうなのか、と様々に噂されておりましたが、意外な結末を迎えそうです。

インターン生の活動報告 泉摩依さん

2017年3月1日 | インターンシップ

今期のインターン生の一人、泉さんによる活動報告です。

泉さんは医学部3年生、とても熱心にこのインターンシップに取り組んでいます。

僕の隣に立っている子です。

【インターンシップ活動報告vol.1

はじめまして!この度、清山知憲事務所にて議員インターンシップに参加しています、宮崎大学3年の泉摩依と申します。

清山事務所第4期目インターンシップには

・宮城勇馬(宮崎大学農学部1)

・福岡亮太(宮崎大学工学部3)

・泉摩依(宮崎大学医学部3)

3人のメンバーで臨んでおります。

インターンシップは2月と3月の2ヶ月間になります。

ご挨拶が遅くなり引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

 

2ヶ月間のインターンシップのうち、ちょうど半分が経過したなかで初めての報告になります。これまで以下のような活動や課題に挑戦させていただきました。

・自治会長挨拶まわり(2/3@花山手・小松台)

・自民党青年局・第6期ひむか塾 国政視察研修(2/78@東京)

・宮崎神宮紀元祭

・自民党政経パーティー(佐藤正久議員との対談、受付・事務業務)

・ポスティング(花山手・小松台地域、計3)

・市内小中学校教員への部活動・勤務時間に関するインタビュー調査

・宮崎出身の宮崎大学医学部生に対する、高校時代の大学情報調査

・清山議員の一般質問の内容に関する勉強と、各課との趣旨確認への同席

・はながしま診療所での清山議員の診療見学   等

これまで全くしたことのない貴重な経験ばかりで、各自大きな刺激を受けています。清山議員の熱心な政治姿勢や、学生に対する丁寧な指導、様々な議員・行政職員・事業者の方々や他のインターン生との出会いを通して、自分の不勉強を実感する日々です。

インターンシップが始まってからの私自身の大きな変化として新聞を毎日読み意見を考えるようになりました。今回、清山議員の一般質問にあたり趣旨確認に参加する中で、議員がどのように政策に関わっているか、行政や政治がいかに私達の生活を大きく動かしているかが強く印象づけられ、政治や社会の仕組みや理由について知らないことが多すぎる、もっと知り考えていけるようになりたいと感じたためです。

今日からは代表質問、3/313時から清山議員の一般質問が始まります。その他3月は地域報告会の運営や、自民党青年局と学生の意見交換会、街頭演説などに挑む予定です。残りの期間も、より協力し楽しみながら貪欲に積極的に学ばせていただきたいと思います。どうぞ宜しくお願いします!

1 / 14712

最近の投稿

アーカイブ

【清山知憲後援会事務所】

〒880-0804
宮崎市宮田町3-34 一文字ビル201号 【詳しくはこちら】
TEL:0985-69-4010

スマートフォンQRコード

清山知憲Facebookページ

清山知憲Twitter

みやざき自民党