• プロフィール
    profile
プロフィールを読む
  • ブログ
    blog
ブログを読む

歴史的な接戦となった宮崎市長選挙。あなたの一票で、宮崎市の歴史が変わる。

7日間に渡る宮崎市長選挙を終え、いよいよ投票日を迎えようとしています。

この8年間で、県都・宮崎市の存在感は失われ、若者の市外への流出は止まりません。言わば「若者に選ばれないまち」となっています。

今の市政を、これ以上続けていいわけはありません。
現職と横一閃の激戦と言われていますが、
絶対に、負けられない選挙です。

あと一歩のところまで来ています。連日の個人演説会でも、立ち見ができるほどたくさんの方々にお越しいただいています。

この間、私が何度も繰り返し訴えてきたことは、宮崎市の力はこんなものではないということ。

恵まれた気候と豊かな食、全国に誇るスポーツ環境とビーチリゾート、空港が近く交通の便も良い宮崎市は、大きな可能性を秘めています。

この可能性を活かし、三つの目標を掲げ、政策を実行して参ります。
・日本一健康なまちへ!
・日本一成長するまちへ!
・日本一こども達を応援するまちへ!

決意と公約

これまで応援してくださったみなさん、支えてくれたスタッフ、そして家族に、感謝の気持ちで一杯です。

宮崎市は、もっとよくなる。
私と一緒に、新しい宮崎市を作っていきましょう!
どうかあなたの一票を、私、清山とものり に託してください。

総選挙公示、週末は障がいのある子どものセミナー

今日、衆議院総選挙の公示です。

朝から立候補受付が始まり、自民党公認の武井俊輔候補が出陣していきました。

 

選挙直前で政党の合従連衡が続きましたが、今後も自公政権で国を担っていくことは揺るぎない事実で、北朝鮮への脅威や現実的な形への憲法改正、有権者の皆さんに対して耳の痛いことでも向き合わざるを得ない社会保障と財政の問題、一つ一つに安定して答えを出し、前へ進んでいくためには今回もより多くの国民の皆さまの負託を頂き、より責任感のある政権運営を目指していかなくてはいけません。

なにとぞ皆様のご支援ご協力をよろしくお願い致します。

武井俊輔陣営は、比例区は公明党さんの比例単独立候補者を全員当選させるべく協力関係を結んでおります。皆さまのご理解ご協力をなにとぞよろしくお願い致します。

 

下は午前8時からの必勝祈願祭。

前の日高県議が朝日に輝いています^^;

 

そして週末の土曜日、10月14日(土)の13時30分より宮崎港の入り口にある宮崎県水産会館5階にて、重度心身障害児・者とその家族の抱える課題を考えるセミナーを開催致します。
前回の第2回は残念ながら台風で中止、今回は第3回です。難病、障がい、子どもの福祉に関心のあられる方、ぜひお越し下さい!
要申し込みとありますが、気軽にお電話頂くか、私までメッセージ下さい。

 

輝けみんなのいのち Vol.3
日時:10月14日(土)13時〜受付 13時30分〜開会
場所:水産会館5階(宮崎港入り口、シャロンの近く)

宮崎市長選について、県庁で記者会見を行いました。

本日、午前10時から県庁記者クラブで宮崎市長選に向けての想いを表明させて頂きました。

 

 

ニュース映像はこちら。時間が経てば消えるかもしれません。

宮崎放送

http://mrt.jp/localnews/?newsid=00023097

テレビ宮崎

http://www.umk.co.jp/news/?news=20170704&no=100301

“宮崎市長選について、県庁で記者会見を行いました。” の続きを読む

日南市長選挙・日南市議会議員補欠選挙が告示 市議補選は「鈴村かずえ」をお願いします

昨日、日南市長選挙と日南市議会議員補欠選挙が告示されました。

市長選挙では現職の崎田恭平候補が、この4年間で日南市の市政運営を大きく変え、結果も出してきました。必勝を祈念しております。

 

一方、日南市議会議員補欠選挙は2つの議席を6人の候補者で争う激戦ですが、こちらは36歳の看護師、「鈴村かずえ」の応援をしております。

愛泉会日南病院を辞職して、今年に入ってからの政治活動でしたが、本人と周囲の活動量でかなり浸透をしてきております。

鈴村かずえ応援団

“日南市長選挙・日南市議会議員補欠選挙が告示 市議補選は「鈴村かずえ」をお願いします” の続きを読む

日向市長選挙

日向市長選挙では新人の十屋幸平さんが当選されました。

私は選挙権を持たないという意味で部外者ですが、十屋さんは昨年まで4年間県議会で一緒に活動した先輩であり、事務所開きや決起集会、出陣式のご案内を頂いておりましたので開票結果を見守るため事務所へ行ってみました。

当選確定した直後の十屋夫妻

f:id:kiyoweb:20160320205525j:plain

結果は予想以上に差が開きましたが、十屋さんが挨拶のなかで現職の黒木市長が12年間市政を担ってきたことへの敬意と感謝を述べられ、支援者の皆さんも和んだ雰囲気で拍手を送っておりました。

まさに市を二分するような激しい戦いでしたが、あくまで選挙は市長を選択するための手段にすぎず、選挙が終われば一つにまとまらなければなりません。

日向市も十屋新市長のもと、一つにまとまり課題解決に取り組んでいって頂きたいと思います。

十屋さん、本当におめでとうございました。

黒木市長も12年間お疲れ様でした。

f:id:kiyoweb:20160320212941j:plain

このページのトップへ