• プロフィール
    profile
プロフィールを読む
  • ブログ
    blog
ブログを読む

クリニックのプレオープンの案内

本日、7月1日をもって保健所からの開設許可、九州厚生局からの保険医療機関の指定を受け、形式上の診療体制は整いました。

しかしもう少し準備をした上で、7月9日(月)にプレオープン日を設けました。

クリニックのHPもほぼ出来上がりましたので、そちらのお知らせをどうぞご覧ください!

http://clinic.kiyoyama.jp/

 

どうぞ今後ともご指導ご鞭撻のほどをよろしくお願いします。

クリニック開業予定

クリニック予定フロアの改装工事も順調に進み、オープニングメンバーの採用も決まりました。

届け出上、7月1日の開設日でございますが、実際に稼働できるのは7月10日頃を目指しております。

 

ビルの1階に入り口ができつつあるところ。

 

場所はこちら。

 

保健所への届け出、九州厚生局への届け出、社会保険・労働保険の手続き、採用事務、施設基準の申請、レセプトコンピューターと電子カルテの導入、家具・医薬品の仕入れ、工事打ち合わせ、医師会入会(B会員からA会員へ)、名刺や紹介資料の作成、ホームページ、挨拶回り、資金調達などやることが山のようにあり、その前には開業を決断してから場所の決定、事業計画書の作成などがありました。

クリニックを開く決断から4ヶ月未満でここまで来るのはかなりバタバタしましたが、本業はこれからだと思います。

どうぞご指導ご鞭撻のほどを宜しくお願い致します。

クリニックをオープンします(求人中)

前回お知らせしましたが、在宅医療を主に行うクリニックを7月上旬をめどにオープンできるよう準備を進めています。

場所は、宮崎市中央通3-51、東京庵ビルの3階です。

外来は週2回程度を考えており、主には私と看護師が往診車で患者さんの自宅や老人ホーム等の施設へ訪問をして診療を行うスタイルです。

 

すでに一緒にやろうという仲間もいるのですが、クリニックでは医療事務と看護師の方も採用しなくてはならないので、ぜひご興味のある方はご覧下さい。

5月末内定、6月末採用、7月より勤務というスケジュールです。

看護師の求人番号:45010-12068981

医療事務の求人番号:45010-12131581

応募方法としては、履歴書、職務経歴書を私の事務所までご郵送ください。

5月25日あたりを書類の締切としたいと思います。

お問い合わせについては掲載求人票記載のところへ頂くか、私あてのメールやSNSで答えられる点にはお答えしたいと思います。

 

 

この「訪問診療」(在宅医療、「往診」という言葉が馴染み深いかもしれません)では患者さんとクリニックで契約を結び、月に2回など定期的に医師が訪問をして診察をするシステムです。

この診療スタイルはここ10年で非常に浸透してきましたが、まだまだご存じない方が多いです。

一般の皆さんが思っている以上に、今は自宅や施設で投薬を受けたり点滴、傷の処置、胃ろうや呼吸器の管理ができるようになっています。

病気になってしまって、家族から離れた病院で過ごすしかない、最期も病院のベッドだろうという思われていた家族が、「訪問診療」「訪問看護」というサービスを受けられることを知ってもっと早くに導入すれば良かった!と思われるケースも多いです。

 

私自身も医師を志した理由である祖母を看病するとき、訪問診療、訪問看護としてクリニックうしたにの牛谷先生、訪問看護ステーション夢の久松さんに大変お世話になりました。

祖母は病院が嫌いだったので、50年住み慣れた自宅で最期まで過ごすことができるよう、痛み止めの薬や点滴、酸素も導入して天寿を全うすることができました。

その時のことを少しブログでも書いていました。

祖母

 

今まで、勤務医という立場、議員という立場で患者さんやそのご家族には携わってきましたが、自ら責任を負って医療を実践することになります。

宮崎でも、そして自宅や施設でも、与えられた条件のもとで最善の医療を多くの方へ届けられるようベストを尽くしていきたいと思います。

近況報告

皆さん、お久しぶりです、清山です。

この1ヶ月、ぼちぼち働き始めております。

 

選挙が終わってから多くの人と会って話をし、新しい出会いもあり、色んなことを考えて参りました。

宮崎を離れるんじゃないかというご心配も頂きましたが、家族、親族、支援者、そしてまだお会いしたことのない多くの皆さんに支えられてこそ今の私があるので、そうした考えにはなりません。

 

むしろ宮崎のために政策として実現したかったことを、部分的にでも自分が主体として担うことができれば、皆さんのご恩にわずかでも報いることができるだろうと考えました。

ミニ集会でも繰り返しグラフを示して説明してきましたが、宮崎市では2035年、今から17年後に後期高齢者の数がピークを迎えます。

医療と介護を最も必要とする後期高齢者の皆さんを、住み慣れた地域で最後まで過ごしてもらえるような医療・介護体制が必要で、これを地域包括ケアとも呼んでおります。

そのためには医師、看護師、薬剤師、歯科医師、介護士、ケアマネ、理学療法士、作業療法士、相談員、行政職員、施設管理者などあらゆる立場の人間が今よりも多く必要となりますし、質の向上や連携が求められます。

 

そこで、私自身が医師として責任を負う形でお役に立ちたいと考え、在宅医療の分野(訪問診療)でクリニックを立ち上げる準備を始めました。

世間で言う「開業」ということになりますが、建物を立てたり検査機器を整えて多くの患者さんを集めて、という仰々しいイメージとはかけ離れています。

まずは私ができる範囲内で、こじんまりと始めていきたいと思います。

ただ、仕事の内容に妥協するつもりはありません。

たとえ自宅や施設であっても、最善の医療を多くの人へ届けることができるよう、私なりの工夫や診療内容の検討を行っていきたいと考えています。

 

今までも、私がどこかで診療していないのかとか、紹介状を書いてくれないかというふうに医師としての仕事を求められることも少なくありませんでした。

また、救急当直であったりどこかのクリニックの代診にしても、その医療機関の流儀に従わざるを得ませんし、診療をした患者さんを継続して診ていくという「流れ」をもつことも困難で、不便さを感じていました。

これからは私の持てる力の限り、プロとして最善の医療を提供できるよう努めて参りたいと思いますし、その裁量を考えると楽しみでもあります。

 

また、具体的な進捗状況はご報告したいと思います。

後援会についてお知らせ

こちらでの更新が滞っておりまして、申し訳ありません。

事務所の残務処理、会計処理、皆さんへのご挨拶をしていたらあっという間に1月以上が経ちました。

 

今後の後援会ですが、今までの宮崎八幡宮隣、一文字ビル2階においていた常設の事務所は閉じて、下記の連絡先を使用することと致します。

後援会活動、私個人の政治活動はお休みをして、一民間人として精進を重ねて参りたいと思います。

 

事務所を閉じることで色々と行き届かない点が出てくるとは思いますが、なにとぞご理解頂きますようお願い申し上げます。

私はとても元気なので、どうぞご心配なく!

 

 

連絡先

住所 880-0002 宮崎市中央通3-51(東京庵)

FAX: 0985-69-8264  メール: info@kiyoyama.jp

 

このページのトップへ