• プロフィール
    profile
プロフィールを読む
  • ブログ
    blog
ブログを読む

お年寄りを支えるためにも若者目線の政策を

2018年1月13日 | 宮崎市政

宮崎市は若者を中心として市外への人口流出が深刻化しており、建設業や農業、介護、飲食宿泊業の現場も人手不足で悩んでおります。

あと20年は増え続けるお年寄りを支えるためにも、一人でも多くの若者に宮崎市にとどまり、または帰ってきて生活を営み、そのご両親の面倒もみることができるような流れが生む必要があります。

今は元気なシニアの皆さんもあとになって面倒をみてくれる人がいない!と慌てることになってしまいます。

 

最近は大学生と話す機会が多かったのですが、学生たちの将来に対する不安は大人が思っている以上に大きいです。

果たしてこのまま宮崎市にとどまるべきなのか、それとも東京、大阪、福岡など都市部に出て大企業での就職を目指すべきなのか。真剣に自分の人生を考えています。

 

いくらでも働く人がいた昔は、企業や事業所も求人票を出して待っていれば問い合わせや面接に来る人がいたのかもしれませんが、今は企業側の努力や、若者の視点にたった就活支援や情報発信といった政策が欠かせない時代となりました。

県内の高校や大学、専門学校と連携を取って、学生の視点に立ったインターンシップ・就活支援、都市部に出ていった若者に対するUターン促進強化地元企業の成長支援や健康経営の導入支援などまだまだ多くのことができると感じています。

 

私自身もいちど外に出て、宮崎県の対外的な情報発信の弱さ、学生の視点を汲み取った就職支援が非常に弱いなと感じてきました。

県内の高校、大学、専門学校を卒業して就職する学生の地元定着率、まだまだ伸ばす余地のある分野です。市役所内でも専門官を設置して、徹底的に取り組んでまいりたいと思います。

清山とものりプロフィール

清山 知憲(きよやま とものり)


宮崎市長候補。 平成18年東京大学医学部卒業後、沖縄県立中部病院研修を経て、米国ニューヨーク市のベスイスラエル病院にて内科インターン修了。 平成21年宮崎大学医学部第三内科入局。 平成23年、平成27年ともに宮崎市選挙区にて一位当選。 平成29年9月に議員辞職。

清山知憲Facebook

清山知憲Twitter

清山知憲Line友達追加

このページのトップへ