• プロフィール
    profile
プロフィールを読む
  • ブログ
    blog
ブログを読む

台風被害にあわれた方へお見舞い申し上げます

2017年10月29日 | 視察

台風22号は昨夜から今日午前にかけて宮崎市内に猛烈な雨をもたらしました。

昨夜は農業法人の皆さんと勉強会をしておりましたが、18時に切り上げて宮崎観光ホテルを出たところ、すでに瀬頭交差点は冠水しており波をうっておりました。

観光ホテル周辺も、宿泊客と思われる方がざぶざぶ足を濡らして歩いていたり。

 

NHKのニュースにもなっていました。

 

 

翌日、午前11時過ぎに宮崎市の災害警戒本部も廃止され、12時半頃には木花地域も全域が避難準備が解除されましたので木花〜青島方面を見て回りました。

今の私は議員も辞職して、ただの民間人なので災害現場、被害現場にむやみに立ち入ってもなんの権限もなく迷惑なので、知り合いの方に案内してもらいつつ、現場そのものには立ち入らないよう気をつけました。

 

青島の参道近くはやはり大量のゴミの漂着が。

観光客の皆さんはたくましく大荒れの海を背景に写真をとったり、楽しんでおられました。

橋の入り口など、波を避けて神社に向かっていましたが、海に落ちないか心配でした。

渚の交番によると、水難事故等は無いようでした。

 

前後しましたが、本郷南方の、バイパスの両脇の田畑もかなり冠水

 

白浜のサンクマールへ通じる道は通行止め。土砂崩れで道が塞がれています。

 

青島西一丁目付近の住宅地、青島学園の近くですが、近くの溜池が崩壊したのか、水が大量に流れ込んできて、いくつかの住宅が半壊状態だとか。

地域の方々が一緒に作業を手伝っているようでした。

 

今回、避難指示や避難勧告などの情報を得るのに宮崎市のHPを参考にしましたが(というかそれ以外にソースがない)、いちいちHPにアクセスして確認しなければいけないので大変でした。

下のような感じです。

 

 

Twitterでそのリンクを貼って拡散しましたが、現地にいて防災無線や自治会経由で直接情報が伝わる以外は市の防災情報ってなかなか伝わらないものだなと思いました。

さらに、ハードルは高いとは思いますが、市内各地で冠水した時にどこが危険なのかよく分かりません。FacebookやTwitterではそのような情報が飛び交っていましたが、何もしらないで冠水域に進入して立ち往生してしまった車も多いのではないでしょうか。

こういう時に参考になる、防災情報を発信する市のTwitterアカウントなりあればいいのに、と思いました。

 

熊本大地震の時は、熊本市長の大西一史さんが自身のTwitterやFacebookで即時に様々な情報を発信されていたことが話題になり、かつ非常に役に立っていました。

同時に、福岡市の高島市長もFacebook等で発信をされ、被災地支援につなげていました。

市長個人の情報発信によるのか、役所として組織的に情報発信するのか、これはきちんと研究をして効果的な防災対策を講じたいと思いました。

 

また、なにより現地で河川の水位をみながら水門の管理にあたったり、避難所の運営にあたったり、災害発生地での対応にあたった建設業、消防団、消防局、警察、市職員、自治会関係者の皆さんのご努力に感謝します。

そして、被害にあわれた皆さんに心からお見舞い申し上げます。

清山とものりプロフィール

清山 知憲(きよやま とものり)


前・宮崎県議会議員。
平成18年東京大学医学部卒業後、沖縄県立中部病院研修を経て、米国ニューヨーク市のベスイスラエル病院にて内科インターン修了。
平成21年宮崎大学医学部第三内科入局。
平成23年、平成27年ともに宮崎市選挙区にて一位当選。
平成29年9月に議員辞職。

清山知憲Facebook

清山知憲Twitter

清山知憲Line友達追加

このページのトップへ