• プロフィール
    profile
プロフィールを読む
  • ブログ
    blog
ブログを読む

総選挙が終わって、次は市長選挙

2017年10月23日 | 政治

昨日、第48回衆議院総選挙が終わりました。

まずは、この宮崎県第一選挙区では武井俊輔候補が勝利させて頂いたこと、心より感謝申し上げます。

また、全体としては自民公明勝利ということで、国政では今後も地方創生の流れが続いていきます。

 

地方創生とは、人口減少社会に対して確かな戦略で取組む地方の努力を支援する考えですが、宮崎市はなかなかこの国の支援を取り込むことができていません。

国が全てを解決してくれる時代はとっくに終わり、地方が自ら努力して課題解決に取組む、そうした姿勢が問われる時代が本格的に到来しています。

宮崎市の将来を左右するのは、むしろ国政選挙ではなく市長選挙ですが、その告示日と投開票の日が9月に市選挙管理委員会によって発表されています。

 

 【 平成30年1月21日告示、28日投開票】

  

告示まで3ヶ月を切って、公開討論会など政策論議や候補予定者を見比べる機会が未だありませんが、宮崎市の将来を考える機会となることを願っております。

 

 

とりあえず武井さん、おめでとうございました!

清山とものりプロフィール

清山 知憲(きよやま とものり)


前・宮崎県議会議員。 平成18年東京大学医学部卒業後、沖縄県立中部病院研修を経て、米国ニューヨーク市のベスイスラエル病院にて内科インターン修了。 平成21年宮崎大学医学部第三内科入局。 平成23年、平成27年ともに宮崎市選挙区にて一位当選。 平成29年9月に議員辞職。

清山知憲Facebook

清山知憲Twitter

清山知憲Line友達追加

このページのトップへ