• プロフィール
    profile
プロフィールを読む
  • ブログ
    blog
ブログを読む

県議会議員を辞職しました

2017年9月9日 | お知らせ 政治 県政 県議会

9月8日、蓬原県議会議長へ辞職願を提出し、9月議会冒頭の本会議場にて同意を頂きましたのでその瞬間から県議を辞職致しました。

 

辞職願を提出する写真なんて珍しいかもしれませんが、ちょうどカメラマンさんがいたので撮ってもらいました。左の方は、議会事務局長の甲斐さんです。

 

2011年と2015年、あれだけの選挙を戦い、県民の皆さまからの重い負託を受けて頂いた2期6年半のこの議席。

130年以上におよぶ県政の歴史に名を連ね、仕事をさせて頂いたことをとても光栄に存じますし、県民の皆さま、後援会の皆さま、議員諸氏の皆さま、議会事務局や執行部職員の皆さまのご協力とご指導もあってここまで務めを果たすことができたこと、心から感謝申し上げます。

全力を出し切った、多くの実績を残した、とでも言いたいところですが、県政発展のため本当に最善を尽くすことができたのか、あの時点でこうした行動を取れば良かったのではないか、と自らに問うような心境でもございます。

ただ、今後も同じ政治というフィールドで一層お役に立てるよう精進を重ねて参りたいと存じます。

と、やや遠回しに議会では挨拶致しましたが、今後は宮崎市長という立場から市政発展へ尽力できることを目指して活動を続けて参りたいと存じます。

 

本会議場の傍聴席には、私にはサプライズでたくさんの支持者に来ていただいており、辞職の挨拶を聴いていただきました。

その後、県庁前広場にて記念撮影。皆さん本当にありがとうございました(泣)

 

さらにこの後、県議会自民党控室にて皆さまから花束と、親和会から御餞別を頂きました。

 

8月末で辞職された、島田俊光さんも一緒に。

島田さんは10月の串間市長選挙に向けて表明されたところで、ほぼ同時期の辞職となりました。素晴らしい方です、頑張ってほしい!

 

 

昼前からは、知事、副知事からはじまり県庁各課へ挨拶に周りました。

いくつかの課には議員として質問や問い合わせ、意見交換など集中したりもしましたが、とてもよく協力して頂きましたし、一人ひとりの職員の皆さんは誠実に対応して下さいました。有難うございました。

 

県議会、そして県庁を去るのは寂しい限りですが、居心地がよくなってきた頃が職場を変える頃合いと言う方もいます。私も7年目にして少し居心地がよくなってきた部分があったかもしれません。

本年度は報道にあったとおり、島田さん、私につづいて会派会長の宮原県議まで県議会を去る見通しです(あくまで見通しですが)。自民党会派の皆さんには大変ご迷惑をおかけして心苦しいところですが、また違う立場で一緒に仕事をする日を楽しみにしております。政審会長の後任となられた黒木正一議員にも本当に感謝申し上げます。黒木議員には今までにも大変お世話になりました。

 

ということで、来年1月に向けてもう少しギアを上げて活動をして参ります。

予定していた公務の全てを終え、後任の政審会長の選任を終えるまでは1日、4日の政審会も政審会長として務めを果たしてきました。できるだけ議会に迷惑をかけないよう、関係者の皆さまに相談しながら、このタイミングの辞職となったことにご理解賜われればと思います。

 

今日から一介の素浪人(フリーター医師?)ですが、引き続きよろしくお願いいたします。

清山とものりプロフィール

清山 知憲(きよやま とものり)


前・宮崎県議会議員。 平成18年東京大学医学部卒業後、沖縄県立中部病院研修を経て、米国ニューヨーク市のベスイスラエル病院にて内科インターン修了。 平成21年宮崎大学医学部第三内科入局。 平成23年、平成27年ともに宮崎市選挙区にて一位当選。 平成29年9月に議員辞職。

清山知憲Facebook

清山知憲Twitter

清山知憲Line友達追加

このページのトップへ