• プロフィール
    profile
プロフィールを読む
  • ブログ
    blog
ブログを読む

青年局大会、街頭活動が終了

2017年6月18日 | 政治 自民党

土曜は年に一度の自民党宮崎県連の青年局大会が行われました。

その直前に、山形屋前交差点で北朝鮮拉致問題の早期解決を訴える街頭活動。

これは全国の青年局で今月一斉に活動しており、毎年欠かさずこの問題を忘れないよう呼びかけ続けております。

 

 

左から、日高陽一次長(県議)、野崎幸士幹事長(県議)、森太局長代理(宮崎市議)、私。

 

途中で武井さんも加わって45分、続けました。

なんか自民党の緑と木の緑が同化してて、前を通ったけど気づかなかったという人も(笑)

 

 

ほか、青年局役員である宮崎市議会議員の鈴木一成さん、延岡市議会副議長の内田理佐さん、同じく延岡市議の稲田雅之さん、都農町議会議員の三輪隆之さん、三股町議会議長の池辺美紀さん、串間市議会議員の木代誠一郎さんたち全員がマイクを持って訴えました。

山形屋前周囲の皆さん、お騒がせ致しましたm(_ _)m

 

それから青島サンクマールに移動して、青年局大会。

大会の場所を決める際、いつもまちなかなので、せっかくだから党本部から鈴木局長も招くし、青島で海を眺められる場所にしよう!となりました。

 

お忙しいなか、武井代議士、江藤代議士、長峯参議、そして県連からは丸山裕次郎総務会長(青年局顧問)においで頂きました。

大会では決算と予算の承認、一部役員補欠案の承認などを行い、無事終了。

 

 

後半は党本部が行っている「Project J」と題して、鈴木馨祐青年局長と一緒に宮崎県の地域の課題、人口減少問題をディスカッション。

池辺さん、三輪さん、内田さんともにまずお国自慢から入るので、そこからわざと突っ込みを入れて地域の課題や県・国に物申したいことを引き出していきました。

どちらかというと、県に対する課題提起が多かった気もしましたが…

 

 

 

懇親会はエンターテイナー陽一次長の司会と、プロ太鼓演者の野崎幹事長によって大盛会でした。

党本部から、鈴木局長と本部職員の西山さんも有難うございました。都議選前の忙しい時期の来宮に感謝申し上げます。

ほか、ご参加頂いた皆さんも、ご協力誠に有難うございました!

 

清山とものりプロフィール

清山 知憲(きよやま とものり)


宮崎県議会議員二期目。 平成18年東京大学医学部卒業後、沖縄県立中部病院研修を経て、米国ニューヨーク市のベスイスラエル病院にて内科インターン修了。 平成21年宮崎大学医学部第三内科入局。 平成23年、平成27年ともに宮崎市選挙区にて一位当選。

清山知憲Facebook

清山知憲Twitter

清山知憲Line友達追加

このページのトップへ