• プロフィール
    profile
プロフィールを読む
  • ブログ
    blog
ブログを読む

重度障がいの子どもたちのために働いてくれる看護師募集中!

2016年7月25日 | 医療

u12a00afb6f0b39c3ec3fe1b8cf1ce5c8-1_1469401835943

 

連日、宮日新聞の記事を使ってすみません…

今日は一転して記者の小菅さんに感謝。大事な課題をよくまとめて書いてくださいました。

社会の課題を深掘りして紹介する、毎週月曜日の特報インサイド

7面に載ったこの白衣の人物は私です。名前も顔も分からない謎の人物ですが(苦笑)

 

この4月から、社会福祉法人キャンバスの会さんが開設した「はながしま診療所」をお手伝いしています。(HPはまだなくて、福祉事業所のみコチラ→http://canbasnokai.jp/miyazaki.html

最初に結論を申し上げると、ここで子どもたちを診てくれる看護師さんが圧倒的に足りません!

上の記事の見出しに、「医師や看護師確保急務」とあるように、とにかく今は看護師が足りなくて利用者さんのニーズに応えることができない状況です。

 

足りないのはなぜかというと、記事の中では「医療と福祉のスキルが求められ、マニュアル通りにいかない仕事内容が壁になっているのでは」というコメントが紹介されています。

まさに、車いすや寝たきりの子どもたち(大人もいる)を看護するのは一般診療所や病院で病気や怪我の子どもや大人を看護することと大きく異なります。

手技そのものは、痰の吸引や経管栄養の投与、内服薬の投与など難しいものはないのですが、一人ひとりに合わせたケアは食事やお風呂の介助、おむつ交換、体位交換も含まれ、医療というより介護、福祉の側面も強い仕事です。

普通の診療所や病院で、薬や処置、病気の知識を深め、病気や怪我の「治癒」を目指す看護を考えている方には難しいでしょうし、こうした子どもたちの看護にやりがいを感じてもらえなければ長く続きません。

 

図1

(顔の隠し方が下手くそですみません…)

 

医療的ケアを必要とする重度障がい児の子たちを1泊2日とか2泊3日で短期的に預かるショートステイを行う事業所は、県内各地で不足しています。

県内で許可ベッド数は現時点で40床、実稼働数37床程度ですが、はながしま診療所が有するベッド数は19床と県内の過半数を占めます。しかしスタッフの不足により、今までのところ最大で12床の稼働にとどまっております。

 

民間診療所という形態で10人を超える医療型短期入所を受け入れている施設は全国でもほとんどありません。(厚労省に問い合わせて調べましたが他に見つかりませんでした)

県内の他の施設、県立こども療育センターや愛泉会日南病院、国立病院機構宮崎病院などは規模も大きく看護師は部署異動もあります。そうした規模のメリットは看護師の確保・配置に大きく影響します。

はながしま診療所は一診療所にすぎないので、看護師さんの異動もありませんし、基本的には重度障がいの子どもたち・大人たちと向き合う仕事となります。

 

そんな中でも、いま働いてくれている看護師さんたちは6名いますが(10名は欲しい)、本当に子どもたちによくしてくれています。私もみていて頭が下がります。

 

S__3072002

 

県内には3月時点で在宅の重症心身障害児・者は414人。

この中でも人工呼吸器や胃ろうなどの医療的ケアが必要な人はどんどん増えています。

そして、たとえば人工呼吸器につながった子どもが受け入れられるショートステイ先は、はながしま診療所と川南の国立病院機構宮崎病院、日南の愛泉会日南病院の3つしかありません。

県北や県西部で、在宅介護を続けている家庭は本当に大変です。送迎して日南や川南まで連れて行くのも一苦労で、それを考えると利用できないということも。

記事の中ではそうした保護者の皆さんの切実な声がいくつか紹介されています。

 

もちろん、最大の数を抱える宮崎市では今でも施設は足りません。

はながしま診療所も利用者さんの要望に応えられないことも多く、ほとんどがスタッフの不足と仕事への不慣れが原因です。

老人保健施設での看護経験など、介護の仕事に慣れていればそれほど難しくはありません。子どもの看護は未経験でも、しっかり安全を確保しながら少しずつ慣れてもらいます。

子どもたちへの想いをもった看護師さんを急募していますので、なにとぞ周囲の方でも心当たりがあればご紹介をお願いします!

こうした一事業所の求人をこのウェブサイトで紹介するのは迷いましたが、とても大事なことだと判断したので掲載することとしました。

 

下にハローワークへ出している募集要項を添付します。

 

スクリーンショット 2016-07-25 21.31.41

スクリーンショット 2016-07-25 21.31.58

清山とものりプロフィール

清山 知憲(きよやま とものり)


平成18年東京大学医学部卒業後、沖縄県立中部病院研修を経て、米国ニューヨーク市のベスイスラエル病院にて内科インターン修了。 平成21年宮崎大学医学部第三内科入局。 平成23年、平成27年ともに宮崎市選挙区にて一位当選。 平成29年9月に議員辞職。

清山知憲Facebook

清山知憲Twitter

清山知憲Line友達追加

このページのトップへ